すかいらーくグループ各店舗のビール、ビール大手4社のどれが提供しているのか?そしてサッポロはどこに?

2024年3月17日

すかいらーくグループではブランドごとに 提供されるビールが異なるんです

以前よりハッピーアワーの生ビールでKAY2がお世話になっている「すかいらーくグループ」の各店舗。 そんな中、ジョナサンではサントリーのプレミアムモルツを楽しみ、バーミヤンではキリン一番搾りを。そしてガストではアサヒスーパードライを……という具合。 18時までという時間限定ではあるのですが、生ビールが普段の半分以下の値段で楽しめるのは魅力的です。 でも、ふと考えたんです。お店によってビールのメーカーが違いますが、グループ全体を見た場合、どうなっているんだろうって。 というのも、いままでアサヒ、キリン、サントリーと楽しんで来ましたが、ビール大手のもう一つ、サッポロの生はどこかで提供しているのだろうかと。 ネットで検索をかけてみると、日経新聞の記事が目に入りました。 「ビール3社、すかいらーくに100億円出資 顧客データ、販促に活用 2014年9月12日」というもの。 なるほど、アサヒ、キリン、サントリーの3社は特に結びつきが強いのですね。ではサッポロは?記事を読み進めるとこうありました。 「すかいらーくは現在、サッポロビールも含めてビール大手4社との取引がある」 なるほど、サッポロも取引はあるのですね!ではサッポロの生ビールをどのお店で飲むことができるのか。 同じように興味を持つ方もいらっしゃるかもしれないので(あ、そんな人はKAY2だけ?(笑))、各公式ホームページを当たって調べてみました。 どのレストランブランドがどのビールを提供しているかです。 ここで対象としたのは「株式会社すかいらーくレストランツ」の傘下、16のブランドです。同じグループ内にある二ラックス系列や他のブランドはカウントしませんでした。 結果は以下の通り(2022年10月現在の各公式ページの表記によります) 株式会社すかいらーくレストランツのブランド店
ブランド店名 生ビール 瓶ビール ノンアルビール
ガスト アサヒ スーパードライ 記載なし アサヒ ドライゼロ
バーミヤン キリン 一番搾り 記載なし 記載なし
しゃぶ葉 アサヒ スーパードライ 記載なし アサヒ ドライゼロ
ジョナサン サントリー プレモル キリン ハートランド アサヒ ドライゼロ
夢庵 キリン 一番搾り アサヒ スーパードライ アサヒ ドライゼロ
ステーキガスト サントリー プレモル 記載なし 記載なし
から好し サントリー モルツ アサヒ スーパードライ 記載なし
むさしの森珈琲 キリン タップマルシェ アサヒ スーパードライ アサヒ ドライゼロ
藍屋 サントリー プレモル キリン クラシックラガー アサヒ ドライゼロ
グラッチェガーデンズ 記載なし キリン クラシックラガー アサヒ ドライゼロ
魚屋路 サントリー プレモル キリン クラシックラガー アサヒ ドライゼロ
chawan キリン 一番搾り キリン クラシックラガー アサヒ ドライゼロ
La Ohana アサヒ スーパードライ なし~日本ビールのビールカクテル アサヒ ドライゼロ
とんから亭 記載なし アサヒ スーパードライ 記載なし
ゆめあん食堂 キリン 一番搾り アサヒ スーパードライ 記載なし
三○三(みわみ) サントリー プレモル キリン クラシックラガー アサヒ ドライゼロ
注: ・「記載なし」と表記しても、店舗によっては提供がある場合もあります。 ・同じブランドであっても店舗によって提供されるビールが異なる場合もあります。 ・La Ohanaで提供される瓶ビールは日本ビールのレモンビアで、カクテルということもあり、カウントしませんでした。 以上です。 生ビールに関しては、16ブランド中、生ビールの提供は14ブランド アサヒ:3ブランド(3~スーパードライ) キリン:5ブランド(4~一番搾り、1~タップマルシェ) サッポロ:0ブランド サントリー:6ブランド(5~プレモル、1~モルツ) 他 :1ブランド(1~クラフトビール各種) 瓶ビールは、16ブランド中11ブランドが提供 アサヒ:5ブランド(5~スーパードライ) キリン :6ブランド(5~クラシックラガー、1~ハートランド) サッポロ :0ブランド サントリー:0ブランド ノンアルコールビールは、16ブランド中11ブランドが提供 アサヒ:11ブランド(11~ドライゼロ) キリン:0ブランド サッポロ:0ブランド サントリー:0ブランド という結果になりました。

バーミヤンでの生ビールはキリンの一番搾り!

全くの好奇心で調べましたが、いくつか興味深い事実が。 ・サッポロのビールが皆無!これは意外でした。 ・ノンアルビールはアサヒドライゼロが独占しているんですね! ・生ビールでサントリーはプレミアムモルツが強いのですが、なぜかグラッチェガーデンズだけは「普通の」モルツ。これ理由を知りたいですね! ・瓶ビールのキリンは一番搾りではなく、クラシックラガーがメインというのが目を惹きます。つまり各ブランドが生ビールとの味の差別化を図っていることが伺えます。 ・そのキリンの瓶ビール、ジョナサンのみハートランド!これは珍しいですよね。きっと何かこだわりがありそう! ・生ビール全体で見るとサントリーが首位、瓶ビールはキリン、ノンアルビールはアサヒ……と、見事に3社分け合っているのが印象的。 それにしても、サッポロはどこに? サッポロは他の飲料で食い込んでいるということでしょうか。 こうなると、いつかグループ店でサッポロの生(黒ラベルかエビス)を飲んでみたいと思うKAY2でした。(^^)

 

 

created by Rinker
LITHON
¥5,980 (2024/06/22 07:16:55時点 Amazon調べ-詳細)